2019年09月04日

「また夢を見ている」(CV:工藤晴香)

「なにもしてない」の大嘗祭の影響で見た夢というのが、いろいろ意味づけておもしろい。
課題にしてもいいかもしれないくらいだ。

 夢の中で父方の田舎に私は泊まっていた。あてがわれた寝室の頭上に神棚があった。夢の中でがたりと神棚が鳴り、その扉が開く。私は眠いのでそれを閉める。が眠ろうとすると音を立ててまた開くのである。仕方なく、ベッドの上に立ってその神棚をのぞく。中はタナバタのように派手に飾ってある。五色のリボンがたなびき、内部は千社札のようなステッカーだらけだ。そのステッカー、黒字に白抜きで漢字二文字で、基衡、安徳、と記されている。だがそれで別になにかが判るというわけではない。いつのまにか、親戚の子供と称する髪の長いとても可愛らしい女の子が側にいるのだった。
 ーワタシバ十三歳デ、ハヤコ、トイウ名前、陸上部ニ入ッテマス、他二、ヒクオ、ト、カルオ、トイウ男ノ子ガイマス……ココカラ南、十六キロ、窓ノ外二。
 女の子の声は低く穏和なのに妙に軽薄である。世の中に冷めている印象がある。髪は平安時代のような細い真っ直ぐな黒い髪で、頭はとても小さく、目鼻立ちも父方とはちがって小さく整っている。本当に親戚の子供だろうかと、私はうさんくさく感ずる。窓の外の景色も記憶にある田園ではない。低木が続き、道路も無い。父の田舎へは随分行っていない……。


ノエイン もうひとりの君へ Essentials BD 全24話 600分収録 北米版 - 輸入アニメ専門店 えいびーす
ノエイン もうひとりの君へ Essentials BD 全24話 600分収録 北米版
posted by kuwabara at 23:46| 大阪 ☔| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。