2019年10月08日

作者の写真

『作者のひみつ(仮)』の続き、作者の肖像写真が持つ力を取りあげる章のために大岡昇平全集を見る。

『読むための理論』の「作者」の項目で、『生と歌―中原中也とその後』(角川書店、1982年)で大岡昇平が中原中也の肖像写真に対する〈永遠の少年〉らしく見せる修正について指摘していることが紹介されているのだが、その詳細を確認したかったのだ。

『大岡昇平全集』18巻(筑摩書房、1995年)は中原中也について書かれたものを集めた巻で、実際にその件にふれているのは「写真像の変遷」という『太陽』1980年11月号に発表された評論である。

cyuuyaphoto.jpg

『読むための理論』で紹介されていた写真は2葉だけだが、元の評論では29歳時の大人っぽい別の写真も含めて8葉も掲載されている。
読んでみると同じ時に撮られた二種類の写真がそれぞれに修正されているということなので、けっこう面倒な話であった。

ちなみに『読むための理論』で紹介されている二葉は写真aの修正されている3と写真bの修正されていない4だったということがわかり、感じていた違和感も解消されたのだった。

posted by kuwabara at 19:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

伝記の魔力

『作者のひみつ(仮)』では、作者の伝記・評伝に対して、作者の生涯の出来事と作品を時に強引に結びつけてしまうものとして、そして作者と作品の関係を自明化するものとして批判的にとらえるのだが、しかし一方で伝記・評伝を面白く読むこともあるので、そのへんの態度の区別が必要になってくる。

いわゆる作品の作者ではなくても、人は生きてなんらかのしごとをするので、そのしごとの背景に生涯に体験したできごとがあるととらえるのはわかりやすく、納得しやすい。
坪内逍遥が「小説神髄」で「人情」に次ぐ「小説の主脳」としていた「世態風俗」というのもそういう、生活を描くことで生まれるリアリティを指していたように思われる。
小説神髄改版 (岩波文庫) [ 坪内逍遙 ] - 楽天ブックス
小説神髄 (岩波文庫) [ 坪内逍遙 ]

今で言うと、マンガやアニメやライトノベルでキャラクタの過去話を入れることにも繋がっている、しごとの背景を描く・読むことには強い魅力・魔力があるのである。

さて、明日から後記の講義が始まるので、書きこむペースは3月までと同じ感じになる予定。
posted by kuwabara at 23:26| 大阪 ☔| Comment(0) | 作者のひみつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

テレビと天皇

一昨日言っていた情報を追加して論文ができあがった。
たとえば前回の「即位の礼」の時のパレード中継は視聴率が各局合計58パーセントあったとか、そういう情報である。ふだんならテレビを見ている人自体が30パーセントしかいない時間帯だったそうな。

一月半ほど前にあげた小説論をまとめた本の目次案は、こう修正されることになった。

   第一部 メディアとしての小説

 「嘉坡通信報知叢談」論―メディアとしての小説―
 エンサイクロペディアとしての小説―幸田露伴と「浮城物語」論争―
 メディアとしての小説―一八九〇年の「報知異聞浮城物語」―
 難民・亡命者の位置 明治期の政治小説から見えてくるもの
 軍隊と身体―「挟み撃ち」あるいは「神聖喜劇」―
 大江健三郎と自衛隊、その持続性
 大江健三郎と原子力、そして天皇制
 家庭・〈われわれ〉・民主主義―『新しい人よ眼ざめよ』―
 一九八九・九〇年の天皇代替わり儀式を描いた小説―現実と神秘(オカルト)の二つの層


   第二部 小説による小説についての教育

リアリズムへの悪意―現実と小説の(無)関係―
太宰治「俗天使」論―「聖母」と「私」、「私」と「作者」―
「憂鬱妄想狂」の「一人角力」 「善蔵を思ふ」論
武田泰淳「風媒花」論―「エロ作家」と「プロ作家」―
〈私〉を書くこと―〈戦後派文学〉の継承―
小説と〈私〉―『「雨の木」を聴く女たち』―
小説の教育は可能か―『キルプの軍団』『静かな生活』他―
一九七〇年代の日本の〈小説家についての小説〉について
一九八〇年代の大江健三郎による自身の小説の再利用・再生の方法


しかし、『作者のひみつ(仮)』の方もあるので、すぐには進まないだろう。
posted by kuwabara at 22:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

作者と犯人

昨日画像を載せたノンフィクションを読んでいるのだが、殺人を自供したあたりで急に『家族の暗流」という出生から事件直前までを伝記的に語っている。一応事件を起こした理由とされてきたことの否定として必要ということなのだが、犯人についてはその生涯・半生を知る必要があるということなのか。

それで、気づいたが、作者について生涯・半生が必要と考えられているのは、ほとんど犯人扱いしているということにならないか。
犯人は犯罪を残すが、作者はかわりに作品を残す。
犯人の伝記と、作者の伝記、これはどちらが先なのだろうか。

ちなみにこちらの本は作者であり、犯人にされた人たちの話。
女たちのテロル / ブレイディみかこ 【本】 - HMV&BOOKS online 1号店
女たちのテロル / ブレイディみかこ
posted by kuwabara at 23:15| 大阪 ☀| Comment(0) | 作者のひみつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

天皇の死と代替わり関連、ひとまず終了

昨日の作業を終えて、ぎりぎり規定枚数の上限に収めた。
もう少し追加する情報があるので週末までに調べるが、ひとまず少し置いておいて「作者のひみつ(仮)」の方をひさびさいじってみようか思っている。

とはいえ、もう後期が終わり講義に復活するので、その準備もせねばならぬ。
こういうのを読んだりもしている。

肉声 宮崎勤 30年目の取調室 [ 安永 英樹 ] - 楽天ブックス
肉声 宮崎勤 30年目の取調室 [ 安永 英樹 ]
posted by kuwabara at 20:43| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

「一九八九・九十年の天皇代替わり儀式を描いた小説―現実と神秘(オカルト)の二つの層」

題名を少し修正。

昨日の続きで分量をどう減らしたらいいかを検討した。
けっこう削ったが、まだこれから。

群像 2019年 10月号 [雑誌] - 楽天ブックス
群像 2019年 10月号

この特集も確認しておかねばならないが、来月の方は無理である。
posted by kuwabara at 23:32| 大阪 ☀| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

「一九八九年後の天皇代替わり儀式を描いた小説―現実と神秘(オカルト)の二つの層」

という感じのタイトルの論文、一応書こうと思っていたことを書いたが、規定枚数の上限をオーバーしているので2800字ほど削らねばならない。
書くよりは削る方が楽派だが、逆の人もいるのだろうな。

しかし、一九八九年に代替わりがあって、それ以降も儀式が続いたので「一九八九年後」と言っているのだが一般的な言い方ではないので、もう一度考えたいところである。

オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ (角川文庫) [ 森達也 ] - 楽天ブックス
オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ (角川文庫) [ 森達也 ]
posted by kuwabara at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

小説と現実の時間

書店に行ったらNHKテキストのコーナーにあって、驚いた。
大江健三郎 『燃えあがる緑の木』 2019年9月 (100分 de 名著) [ 小野 正嗣 ] - 楽天ブックス
大江健三郎 『燃えあがる緑の木』 2019年9月 (100分 de 名著) [ 小野 正嗣 ]

今このタイミングで「燃えあがる緑の木」とは!
読んでみたが、あのめんどくさい小説をよくこんなに整理したものだ、と感心した。この講座で関心を持って読み始めた読者は、あまりの読みづらさに戦くのではなかろうか。

ひとまず今書いている論文とかぶってなくてよかった。

さて、以前作中の〈ギー兄さん〉と〈総領事〉のヨーロッパ旅行の時期について、旅行の記録の日付・曜日から1992年だと推測したが、このテキストでは大江光のCDの発売年に基づいて1994年だと推測している。それを根拠にするのは、小説と現実を混同した見方だと考えて採用しなかったのだが、カレンダーを根拠にするのも実は同じなのだ。
小説の世界とわれわれが生きている世界が同じ暦を採用しているかはわからないわけだから。何気なく読んでいる小説が、実は八曜制(たとえば金曜日の次に海曜日がある)の世界を舞台にしているのに、たまたまわれわれの世界と同じ名称の曜日しか出てこないので気づかない、ということもあり得るわけだ。

いろいろな可能性を考えた方がおもしろいのである。
posted by kuwabara at 22:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

「また夢を見ている」(CV:工藤晴香)

「なにもしてない」の大嘗祭の影響で見た夢というのが、いろいろ意味づけておもしろい。
課題にしてもいいかもしれないくらいだ。

 夢の中で父方の田舎に私は泊まっていた。あてがわれた寝室の頭上に神棚があった。夢の中でがたりと神棚が鳴り、その扉が開く。私は眠いのでそれを閉める。が眠ろうとすると音を立ててまた開くのである。仕方なく、ベッドの上に立ってその神棚をのぞく。中はタナバタのように派手に飾ってある。五色のリボンがたなびき、内部は千社札のようなステッカーだらけだ。そのステッカー、黒字に白抜きで漢字二文字で、基衡、安徳、と記されている。だがそれで別になにかが判るというわけではない。いつのまにか、親戚の子供と称する髪の長いとても可愛らしい女の子が側にいるのだった。
 ーワタシバ十三歳デ、ハヤコ、トイウ名前、陸上部ニ入ッテマス、他二、ヒクオ、ト、カルオ、トイウ男ノ子ガイマス……ココカラ南、十六キロ、窓ノ外二。
 女の子の声は低く穏和なのに妙に軽薄である。世の中に冷めている印象がある。髪は平安時代のような細い真っ直ぐな黒い髪で、頭はとても小さく、目鼻立ちも父方とはちがって小さく整っている。本当に親戚の子供だろうかと、私はうさんくさく感ずる。窓の外の景色も記憶にある田園ではない。低木が続き、道路も無い。父の田舎へは随分行っていない……。


ノエイン もうひとりの君へ Essentials BD 全24話 600分収録 北米版 - 輸入アニメ専門店 えいびーす
ノエイン もうひとりの君へ Essentials BD 全24話 600分収録 北米版
posted by kuwabara at 23:46| 大阪 ☔| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

裕仁から紀子まで

「なにもしてない」、読めば読むほどよくできている。いや、野間文芸新人賞受賞している小説にいまさらではあるが。

作中の時間自体は1990年11月中旬から下旬の半月あまりなのだが、実は1989年2月の大喪の礼(裕仁天皇の葬式)も絡んでいる。そして1990年
そして、ほんの5カ月前に皇族になったばかりの「紀子さん」を登場させて終盤へと向かう。

あらためて調べてみると、テレビ中継で見た天皇の代替わりの諸様相と語り手「私」の生活が混じり合って進む、メディアとしての小説の機能をフルに活用した小説だということがわかる。
posted by kuwabara at 21:26| 大阪 ☀| Comment(0) | 戦後文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする